長崎スイーツLOVERS

長崎スイーツLOVERS

鈴木貴之さん

フェイスブック

イタリアンのシェフ。趣味で始めたスイーツの食べ歩きのブログが話題となり、「長崎スイーツ王子」と呼ばれている。

スイーツの食べ歩きを綴ったブログが話題となり、
今では「長崎スイーツ王子」と呼ばれる鈴木さん。
イタリアンのシェフとして、長崎のストーリーを秘めた、
長崎で食べてこそ美味しいスイーツを発信している。

長崎スイーツLOVERS

長崎のストーリーを秘めたスイーツを

子どもの頃は和菓子が好きで、初めて「きんつば」を食べた時に、これってどうやって作るんだろう?って、すごく衝撃を受けたのを覚えています。
大人になってからもスイーツ好きは変わらず、イタリアンのシェフとして働きながら、趣味で始めたスイーツの食べ歩きのブログが話題になって、気づいたら「長崎スイーツ王子」と呼ばれるようになっていました(笑)。スイーツの発信力ってすごいですね。
お店のスイーツには、できるだけ長崎産のフルーツを使用するようにしています。長崎産のおいしいものを地元の人にこそもっと味わって欲しいという思いから、長崎市内のカフェやレストランなどでつくるフェイスブックグループ『長崎カフェ&スイーツ』で情報発信をしたり、地元の食材を使ったフェアを開催したりしています。美味しいスイーツは、長崎に人を呼ぶための大切なキーワード。また、キリシタンが伝えたのでは?という説もある柑橘「ゆうこう」などを使ったストーリー性のあるスイーツで、長崎を盛り上げていけたらいいなと思っています。

素材も味も自分好みのスイーツ

休日は、食べ歩きや情報収集のあと、それを元にメニューを開発。素材も味も自分好みのスイーツを作って食べる瞬間は幸せなひととき。写真は長崎産のパッションフルーツで作ったカッサータとティラミス。トッピングのイチジクと柚子も長崎産です。

爽やかな香り、ゆうこうの畑

食の世界遺産「味の箱舟」に認定された長崎の伝統柑橘「ゆうこう」は、キリシタンが伝えたのでは?という説もあります。私はカトリックの家系に育ったので、ゆうこうを使ったスイーツ作りに力を入れているんです。

ゆうこうは「道の駅 夕陽が丘そとめ」(長崎市東出津町149-2  TEL.0959-25-1430) で12月中旬〜2月上旬まで販売。

Facebookグループ
「長崎スイーツLOVERS」に参加して、
もっと詳しく聞いてみる!

フェイスブック
長崎思案橋LOVERS永尾成巨さん
長崎燃える石LOVERS荒木智佳子さん
長崎龍馬LOVERS川村隆男さん
長崎海の幸LOVERS古谷彩乃さん
長崎イベントLOVERS下川卓郎さん
長崎坂ぐらしLOVERS岩本諭さん
もっと見る