長崎思案橋LOVERS

長崎思案橋LOVERS

永尾成巨さん

フェイスブック

思案橋の電車通りで写真館を経営。カメラマンとして多忙な毎日を送る一方、地域活動も積極的に行う。少年期から長崎くんち(本石灰町・御朱印船)に参加する、大のくんち好き。

長崎を代表する夜の繁華街、思案橋がホームグラウンド
幼いころからの思い出に包まれた安心感が
どんな肴より、いつもの酒を旨くしてくれるのだ
新たな町並みにも期待しつつ、今夜も仲間たちと盃を交わす。

長崎思案橋LOVERS

飲むとなれば、思案せずに思案橋へ

 祖母の家が思案橋のすぐ近くにあって、小学校に入ると両親の写真館が丸山町に移ったので、物心つく前から「思案橋ラバーズ」ですね。母が若いころには銅座川が暗渠じゃなくて、電車も思案橋までしか来てなかったそうです。銅座川は暗渠になっていて入れませんが、実は壁も川底も石張りで、水が澄んでいて、魚やエビもいるんです。大正時代の最高の土木技術で作られていると聞いたことがあります。自分の足もとに、宝物があったんだなーって感じています。
 くんちでは、本石灰町の御朱印船に中学の時から数えて6回出ています。町内では毎月の夜警も欠かしません。そうやって50年ほど馴染んできた思案橋界隈は、何とも言えない安心感もありますし、たくさんの仲間もいて、飲むならやっぱり思案橋ですね。ほかの町に行ったのは…人生のうちで何回かなぁ(笑)。居酒屋で乾杯して、明日匂うかなと心配しながら餃子食べて、シメはラーメンかおにぎりかな…と、いつも典型的な思案橋コースですよ。
 昔は歌謡曲にもよく歌われたから「思案橋はどこですか?」なんて、よく聞かれました。観光客がたくさん訪れたくなる思案橋にしたいですね。これからいろんなアイデアで、このあたりも変わるんじゃないかな。またそこで気持ちよく飲めるんじゃないかなって、楽しみにしています。

大好きな仲間と一緒に思案橋を守る

仲間と思案橋の居酒屋で飲むことも多いです。やっぱり思案橋がいちばん落ち着くし、安心するんです。地域の夜警活動(防火のための夜中の見回り)は、仲間と親睦を深めるためにもいい機会。夜の10時頃に公民館に集まって、腹ごしらえしながらみんなでワイワイ…もちろん夜警はまじめにやりますよ(笑)

地下に広がる、意外な宝物

銅座川は暗渠になっていて入れないんですけど、実は壁も、川底も、ぜんぶ石張りなんです。しかも水がきれいで、ウナギにドンポにエビまでも泳いでるんです!足もとにこんな宝物のような空間が広がっているなんて、思案橋は奥が深いです…。

銅座川の暗渠(石畳の川底)

Facebookグループ
「長崎思案橋LOVERS」に参加して、
もっと詳しく聞いてみる!

フェイスブック
長崎夜景LOVERS塚本萌子さん
長崎自転車LOVERS横道愛さん
長崎よさこいLOVERS水町のぞみさん
長崎VRLOVERS赤木幸仁さん
長崎はじっこLOVERS武次亮さん
長崎海の幸LOVERS古谷彩乃さん
もっと見る